スーパースポーツ系とは

バイクには色々な種類がある

バイクは渋滞を気にすることもありませんし、お天気がいい日に道路を颯爽と走ると風も気持ちがよく、ツーリングなど趣味にしている片なども多く、国内でも人気のある乗り物です。
カワサキ、ホンダなどの世界的にも有名なバイクメーカーがある日本にも多くのバイクのりの方がツーリングを楽しんでいますし、通勤に利用するなど普段の足として利用されている方も少なくありません。

そんなバイクですが、色々な種類があります。
バイクの種類をよく理解することで、どんな風に利用するのか、それに合わせたバイクをチョイスできます。

初心者の時には乗りたいバイクがあったりあこがれているバイクがあるなど、自分が乗りたいバイクに乗ることが多いようですが、その後、使い勝手のいい、普段自分が乗りやすいタイプをチョイスして乗るようになります。

今回はバイクの中でもスーパースポーツ系と呼ばれるバイクの特徴を、皆さんに説明使用と思います。

スーパースポーツ系バイクの魅力とは?

スーパースポーツ系といえばやはりサーキット、峠などを最速で走ることが出来る魅力があります。
元はレーサーレプリカと呼ばれていたスーパースポーツ系は、レーサーレプリカの1000cc超えがスーパースポーツ系と呼ばれるようになりました。

レーサータイプのバイクを公道では知ることが出来るようにしたもので、通常レースを走るバイクと同様でサーキットでも人気の高い系統です。
ただ運転技術がある程度必要となるので、初心者には扱いにくいバイクです。

初心者の方でもこのスーパースポーツ系に乗りたいということで作られたNinja250などは、初心者の方でも気持ちよくランディングできるようになっているので、スーパースポーツ系に乗りたい初心者の方はこうしたバイクから載ってみるといいでしょう。

こうしたバイクの場合、スーパースポーツ系でも車体が比較的軽く作られており、女性の方でも足つきがいいので、女性ライダーも愛車として乗られているのをよく見かけます。
スピードがある程度出ていても、カーブを気持ちよく曲がることの出来るバイクですが、過信によって事故が多いというのもこのタイプなので、運転は過信せず、慎重に行う事が必要です。

スーパースポーツ系の代表的なモデルとは

世界に名だたるバイクを送り出しているホンダのバイクでは、CBR1000RRがあります。
スポーツ走行、サーキット走行も可能としているこのバイクは走りがよくデザインもかっこいいということで人気があります。

ヤマハのYZF-R1も人気です。
ヤマハのスーパースポーツ系、代表作ともいわれるこのYAFシリーズの中でも最も排気量が大きいモデルです。

カワサキのNinjaもスーパースポーツ系で有名なバイクです。
スーパーチャージャー搭載のNinjaH2なども注目され、バイクとしては異例といわれているバイクであり、200馬力の力を持っています。

« Previous Entries