用途別ブレーキパッドの選び方について

自分の運転にあったブレーキパッドを選択するということ

ブレーキはバイク以外、四輪でも非常に大切な部分となります。
ブレーキがしっかりしていない状態では、どんなに性能がいいバイクでも本来持っている実力を発揮するということもできません。
万が一というとき緊急回避ということを考えてもブレーキは非常に大切な要素です。

ブレーキシステムは非常に高価なものであり、簡単に交換できるものではないと思います。
また非常に重要な箇所となるので、素人が気軽に交換できないということもあります。
でもブレーキを強化するというカスタムを行うこと、これをあきらめることはありませんし、素人でもブレーキパッドの交換などであれば、ある程度の知識で行う事が可能です。

純正のブレーキパッドの場合、使用環境に対応し決められた予算の中で対応する性能を持って使われています。
しかし乗っている方からすれば、走りに合わせたブレーキにしたいという願いがあるでしょう。

ブレーキについては様々なラインナップのパッドがありますので、自分の乗り方、走りにあったブレーキパッドを選ぶことでより性能を高く感じるブレーキにできると思います。

ブレーキパッドの種類

ブレーキパッドは色々な種類があります。
高い性能を実現できるブレーキパッドとしては、シンタードパッドがあります。
金属系の摩擦材を高温で焼いて固めて作ったもので、摩擦係数が高い、また生動力についても高いという特徴を持っています。

水が停滞しにくいという特性があるので、雨天でも性能が変化しにくく安全性の高いパッドといえます.
ただコストが高いという点があるので、ブレーキを頻繁に利用する街のりのバイクにはコストがかかりすぎるという難点があります。

セミメタルパッドは樹脂に金属成分を混ぜて作られており、摩擦材を利用していて、ブレーキの利きが非常に素直です。
コントロールしやすいという特徴がありますが、ディスクへの攻撃性がひくいという特徴もあるので雨天には不向きです。

オーガニックパッドは繊維系の素材を樹脂で固めています。
シンタードパッドとセミメタルパッドと比較すると、ブレーキディスクへの攻撃性が最も低いタイプで、コントロール性が高いという特徴があります。
ただし、性動力という面ではシンタードのほうが高くなります。
ほかのパッドでは感じられない独特なタッチがあり、ストリートに向いています。

こうしたパッドの種類、特徴をしっかり把握し、どのメーカーのものが合っているかどうか、ライダーの先輩たちにそのブレーキパッドの感触などを確認させてもらいつつ、比較検討していくといいのでは?と思います。

ブレーキは命を守るという大切な場所となるので、納得したブレーキングとなるように、こだわりを持って対応していい箇所です。

Comments are closed.