バイクMT車の魅力

バイク免許といえばMT?

バイクといえばクラッチとギアをうまく扱わなければならないMTが当たり前でしたが、最近はAT限定免許が登場し、女性にも人気となっています。
ATつまり、クラッチやギアの操作なく、原付のように乗れるバイクという事で、バイクに乗っている感覚がない!という方もいますし、AT限定免許を取得された方の中には、MT免許にすればよかったと後悔される方もいます。

MT車は自分が思うとおりに運転できるという醍醐味があります。
MT車の人気の秘密を探ってみました。

バイクのMT車は本当に楽

バイクの魅力といえば、クラッチとギアを巧みに操作し、乗っているバイクの特性を引き出す乗り方が楽しめるというのが大きな魅力です。
エンジンで燃料と空気を爆発させて動力に変え、その動力をチェーンなどに伝えて走行するのがバイクです。

エンジンとチェーンの間にはトランスミッションという変速機があります。
MT車はマニュアルトランスミッション、AT限定車はオートマチックトランスミッション、だからMT、ATと表現されます。

速度調整を行うトランスミッションを利用し、スピードを出したりあげたりするわけですが、ギアやクラッチを利用してうまく調整しながらスピードをあげたり下げたりする楽しみが、バイクにあったわけです。
ギアチェンジがうまい人はどのような走行もお手の物で、スピーディに走行したり、ゆっくり走行する等、バイクをとことん楽しまれています。

MT車の運転は魅力がある

自動車を運転される方の中にも、MT車が好き!と、現代ではMT車の方が高くなっているのに、わざわざMTにする方も少なくありません。
ギアチェンジがうまくできるようになると、自分が思うとおりの運転が出来るようになるので、やはりバイクはMT車が最高という方が多いのです。
AT限定免許を取得されてから再度、MT車に乗りたいと教習所に通う方も少なくありません。
乗ってみると、だんだん欲が出てきて、色々なバイクに乗りたいと思うようになるのです。

AT車の場合、バイクでもただブレーキをかければスピードが遅くなっていきます。
しかしMT車はクラッチを切ったりしながらライダー自身が自分の感覚でスピードを細かく調整できるという魅力があります。

もちろんクラッチ操作する場合、エンジンの回転に注意が必要となるので、タコメーターを確認しながらギアチェンジをしていく必要がありますが、乗っているうちにうまく操作できるようになり、自然と体が動くようになってくると、俄然MT車の魅力に取りつかれるわけです。

自分がこのバイクを乗りこなしているという感覚を強く持てるのが、MT車の大きな魅力といえます。
AT車にはない操作性、面倒でも自分が運転を主導しているのだという感覚が、MT車の大きな魅力です。

Comments are closed.