新品のタイヤに注意!

タイヤ交換の時期

resize (2)スリップサインがでてタイヤは、滑りやすく非常に危険なものだという認識は初心者のかたでも知っていることですが、実はそれ以上に危険なタイヤがあります。
それは新品のタイヤです。

古いタイヤから新品のタイヤに付け替えるのだから安全だと思うのは当然なのですが、実は一皮剥いていないタイヤはスリップサインが出たタイヤよりも滑りやすく非常に危険なのです。
タイヤというのは中身はともかく、路面に当たる部分はゴムでできています。

あまり知られていないことなのですが、タイヤには使用期限というものが存在しています。
これはゴムというものが、劣化していく性質をもっているためで、使用していなくてもゴムが確実に劣化していくのです。

またゴムは中の油が抜けると、硬化やひび割れていき性能を発揮することができません。
破裂の原因になりますので、スリップサインがでていなくとも、交換する必要があります。

店頭に並んでいる状態のときに、劣化が進まないように新品のタイヤには皮膜が施されています。
スリップサインがでているタイヤは破裂の危険や雨の日に性能を発揮できません。

それに加えタイヤの性能がすでに劣っている状態なのですが、皮膜がかかったままの新品のタイヤは性能すらでていない状態ですので、それ以下の性能なのです。
そのため新品のタイヤは一皮剥く必要があります。

タイヤの「慣らし」

剥けた状態のタイヤは、タイヤゴム本来の色をしています。
剥けていない状態は、光沢がありますのでその違いはすぐに分かります。

タイヤの皮剥きは普通に乗っていればすぐに剥けるのですが、車のタイヤと違いバイクのタイヤは湾曲しています。
直線だけ乗ればすべての皮が剥けるのではなく、ある程度傾けてタイヤを使わないと剥くことはできません。
路面に当てないと剥くことはできないのです。

滑るタイヤですので安全な速度で行うことが重要なのですが、この行為を「慣らし」といいます。
新車などを購入した際に行う「慣らし運転」と同様です。

この慣らしは新車やタイヤだけに限ったことではありません。
バイク用の革製品を購入した際にも必要ですし、ブレーキパッドの際にも行います。

バイクに関して新しいものを装着した際には、すべて必要だと思っていたほうがよろしいでしょう。
バイクは警告等などの注意を促すものは少なく、CPU装備も充実してはいません。

乗り手の感覚が運転を左右する感覚を重視する乗り物です。
そのため以前乗ったときと少しでも違うものがあるとするならば、感覚を整えるために慣らしが必要になってくるのです。

タイヤの慣らしは、面倒な行為ではあります。
ですが安全面を考えると、やらなくてはいけない仕事です。
タイヤはゴムであり、劣化する消耗品でもあります。

ですが最初の慣らしで、その寿命も変わってきますので、最初から無理をするのではなく、じっくりと行うことを心がけるようにしてください。

Comments are closed.