盗難に気をつける

増えている盗難事件

ここ数年、バイク乗りにとって不安なニュースが流れています。
バイクの集団盗難事件です。

日本国内で売買されるのではなく、ほとんどが外国へ売られてしまうもので、海外にいってしまえば追うことは不可能に近く戻ってくることもありません。
また組織的犯罪の他にも、バイクの盗難は後を絶ちません。

昔から国内で多いのは、不良少年たちが暴走目的にバイクを盗むことで、盗難の経験のある人間にとってはかなり不愉快なフレーズの入った歌さえも存在しています。
また最近では、バイク本体だけではなく盗んだ部品をインターネットのオークションに流すという、金目当ての犯罪も横行しています。
輸出目的の盗難は非常に計画的で悪質なもので、これは素人ではなくプロの犯行であることがほとんです。

基本的に彼らは犯罪を犯しているという意識すらありません。
仕事をしているのです。

その証拠に輸入業者や買取業者が絡んでいることがあり、「バイク売りませんか」と尋ねてきた業者が、放置状態のバイクだと所有者の許可や書類などは一切無視して持ち去ることなどは平気で行います。
すべての業者がそうだとはいいませんが、悪質な業者は確かに存在します。

会社形式ではなく、宣伝も行っていない業者は怪しいと思ったいいでしょう。
特にナンバーを切ったバイクなどは、バイク窃盗ではなく鉄クズ窃盗になり警察も本腰はいれません。
パーツ取り車や税金対策のためにナンバーを切った車両をお持ちの方は、なるべく人の目に触れない場所に保管しておいてください。

この手の窃盗集団は、多人数で用意も周到です。
もともとがプロですので、装備なども整っています。

盗難装置を切りバイクごと抱えて車に積み込んでしまうので、目撃者がいても盗難だと気づかないことさえあります。
狙われないように目立つ場所に置かないことが最良の手ですが、万一に備えて別電源のGPSを仕込んでおくと盗難にあっても跡を追うことができます。

暴走目的の不良たちは、あまり計画的ではありません。
強引な手段にでることが多く、犯罪をやっているという意識は多少持ち合わせています。
そのため防犯装置など音のでるものがあると、逃走しますのでイモビライザーやバーロックなどの機能を兼ね備えると効果は上がります。

パーツ泥は小さく盗んでいくので、振動式の防犯装置が有効です。
ですが慣れた相手ですと、まず防犯装置を無効にする手を打ってきますので、基本的な防犯が最良だといえるでしょう。

盗難を防ぐには

バイク盗難の全般にいえることなのですが、泥棒に対して盗難の対象物であるバイクを見えない場所に保管することが大切です。
盗むものが見つからないのですから、盗めるわけもありませんし、盗もうと思うこともありません。

保管場所に可能であったり不可能かもしれませんが、室内(ガレージや車庫)に保管する。
カバーを被せる。
車などで見えないようにするなどの、基本的な対策を立てることが盗まれないための基本です。

非常に腹立たしいことですが、日本の法律は犯罪者の人権は守りますが被害者の補償はしてくれません。
盗難保険などの対策をたて、自己防衛をしておくのは必須といえるでしょう。

Comments are closed.