バイク買取業者選びと査定の注意点について確認しよう

処分方法選び

乗らなくなったバイクや、買い替えのために不要となったバイク、あなたならどう処分しますか。
乗らないバイクは廃車手続きをしない限り、乗らずに放置してあっても軽自動車税がかかります。
自賠責保険の保険料なども負担していますよね。
不要なら値段が少しでも高いうちに、売却するのが懸命で、基本的にバイクの売却価格は年月が経つほど低くなっていきます。

そこにバイクの状態やプレミアムパーツなどの有無でプラス・マイナスの査定評価がなされるのです。
バイク買取業者を選ぶ際の注意点としては信頼と実績があるかと、コストを抑えた運営をしているか、買い取ったバイクはどうするのか、そして売却の際に現金取引をしているかを確認することです。
バイク買取業者は自動車の買取業者と異なり、規模の小さいお店や個人経営のようなお店まで様々あります。
中には古くて値段が付かないなどと言いながら支払いをせず、無料で処分してやる等と言って引取り、海外に横流しをしたり、使える部品やパーツだけ取り外して不法投棄するような業者もいます。

しっかりとした査定士がおり、どこのオークションで売却しているという情報が確認でき、コスト管理に厳しく、コストを抑える分、買取価格に反映してくれるような業者がオススメです。
また業者の知名度が低い場合には、万が一の代金不払いのリスクを避けるため、振込ではなく現金でのやり取りをするのが安心です。
では、バイクの査定を受ける際の注意点について見ておきましょう。
まず綺麗に洗車をして磨きましょう。
当たり前のことですが泥だらけ、ホコリや垢だらけのバイクより、ピカピカのバイクのほうが印象がよくなります。

バイク買取業者は基本的にプロが集まるオークションで売却するための商品の仕入れに来ているわけですから、汚いバイクが目の前にあっても、買いたいという気は起きにくいですよね。
しっかり洗車して、タイヤホイールの中なども綺麗に磨き上げましょう。
もしステッカーなどを貼りつけている場合、傷をつけないように綺麗に剥がしましょう。
不安ならバイク用品店で専用のシール剥がしクリーナーなどを買ってきて行うのがオススメです。

またカスタムや改造を施している方は、保管していたノーマル部品を用意しておきましょう。
もちろんノーマル部品もホコリを被っているようなら、綺麗にすることを忘れずにしましょう。
特にマフラーは車検のときに必要となりますし、カスタムパーツは買い手の好みもあるのでノーマルな状態に戻せるようにしておくのが高額査定のポイントになります。

また、コンパウンド等を使っても取れないキズや割れ、へこみは自分で直したり、修理に出さず、そのまま査定してもらう方が得です。
業者価格での部品仕入れや、社内スタッフによる修理が可能なので、ユーザーが直すよりずっと安いコストで修理ができます。
そのため、キズがあった時に減額される査定価格は、業者基準の修理費用であって、一般ユーザーが支払った修理コストよりも小さく抑えられます。

Comments are closed.