バイク売却に必要な書類

種別の書類

ここまでは、愛車をなるべく高く買い取ってもらうためにどのようなことをすれば良いのかについて書いてきました。
愛車の洗車やメンテナンスなど、高価買取のための作業が済んだら、次は実際に買取査定をお願いすることになります。
しかし、業者に査定の依頼をする前に揃えておく書類もあります。

まずは、バイク売却のために必要となる書類について触れておきましょう。
まず必要となるのが本人が確認できる身分証と、バイクが自分のものであると証明できる登録書類です。
本人確認の身分証は免許証で問題ありませんし、もちろんパスポートなどでも構いません。
それと印鑑が必要です。

また、バイクの登録証については種別ごとに必要な書類が必要となるので注意が必要です。
125cc以下のバイクの場合、標識交付証明書が必要となります。
これは役場で発行されますので、査定をする日までにあらかじめ用意しておきましょう。
126ccから250ccまでのバイクの場合は軽自動車届出済証が必要になります。
これは軽自動車検査協会で発行されます。

それ以上の排気量のバイクの場合は車検証が必要となります。
また、自賠責保険証は250cc以下のバイクについては自分で払い戻しをしても問題ありません。
しかし、それ以上の排気量のバイクについては車検と一緒に売買する形式となりますから準備しておく必要があります。
その他に必要となる書類については、手続きを業者に代行して貰う場合には委任状を用意する必要があります。

さて、バイクを売却する上で気を付けなくてはならいの場合があります。
それは、売却者が未成年者の場合と、名義人と契約者が異なる場合です。
まず、バイクの売却を希望しているのが未成年の場合、親権者の同意確認が必要になります。
同意書へは必要事項を記入した上で、署名捺印剃る必要があります。
また、親権者の身分を証明する書類も必要となります。
身分証明書は写真入りの住基カード、保険証、運転免許証、パスポートのいずれかです。これらの書類がない場合には買取が行えないので注意が必要です。

次に、名義人と契約者が異なる場合ですが、このときには委任状が必要となります。委任状があると、書類に記載された本人が、売却者に対して名義変更の手続きの一切を委任する事が可能になります。
この際、委任状には印鑑証明書とその印鑑証明書に登録された同じ印鑑を捺印した委任状が必要となります。
この二つがない限り名義変更が不可能になってしまうので、必ず事前に用意してください。
例え売買が成立しても、これがない限りは、業者はお金を払う事が出来ません。

用意した委任状に基づいて、業者がバイクの名義変更を行います。
皆さんに面倒になるような事は一切ないでしょう。
但し一部の悪徳業者には必要書類だけを受け取り、現金は後から振り込むと言って車両の名義変更を済まし代金を振り込まない業者がいるようです。
書類の受け渡し時には、必ず現金取引にするように心掛けましょう。

Comments are closed.