ナンバープレートがないバイクを売りたい

廃車してあるバイクの売却

ナンバープレートがないバイクを売るのは可能です。
ナンバーがないバイク、すなわち廃車にしているバイクは、警察では車両盗難とは認めません。
登録してあるもののみが車両になります。

ナンバーがないバイクは、警察によると物扱いです。
その盗まれた物で事故を起こされた場合は、管理状態によっては賠償責任が掛かってくるのですからおかしな話です。

この法律的に物扱いのバイクは、買取業者にはちゃんとバイクになります。
買取業社は、中古の「商品」の買取りを行っています。
それが法的に車両であった場合は、それに応じた書類が必要になり、それが物であった場合はその物が所有者の物であるかの確認が取れればいいわけです。

この理屈が通じないとなると、実は新車の売買ができません。
メーカーから出荷されたバイクは登録されていない物なのですから、それが取引できないとなると新車は市場に現れないということになります。

ナンバーがないバイクであっても廃車証があれば、売ることはできます。
この廃車証があれば再登録することは可能ですので、程度にもよりますが売ることはできます。

廃車をして時間が経っているバイクは、よほどのことがない限り動かしていません。
登録をしていないので、公道を走行することはできないので当然といえます。
そのため保管状態にかかわらず、査定チェックが厳しくなるのは仕方のないことだといえます。

書類がない場合

また廃車をして時間が経ちますと、廃車証を紛失していることがあります。
この場合は再発行を頼むのですが、時間が経ち過ぎていますと記録が抹消されていることがあります。

その場合、登録されていたときの書類をできるだけ持って行政書士に頼むしかありません。
再発行が望めない場合は、書類がなくとも買取ってくれる業者を探すしかありません。

この場合業者は盗難品などの関係上、書類を作成することもあります。
通常はスクラップにするしかありませんので、多少の面倒は行うしかありません。

またこの手には書類を重視しない業者も存在します。
輸出を専門に行っているところがほとんどですが、中には放置バイクとみると勝手に持ちさる業者も存在します。
行っていることは窃盗ですので、廃車しているからといって油断することのないようにお願いします。

この手の悪徳業者は、トラックで徘徊しています。
通常の買取業者は連絡を受けて査定にくるのですが、悪徳業者は営業するかのように回ってきています。

使われていないバイクを見かけると、訪問し売ってくれるように頼みます。
人がいないと見ると目をつけ、目立たない時間に持ち去ってしまうのです。

廃車状態のバイクは、ナンバーがないため確認がし辛いのが現状です。
車体番号でしか確認するすべはなく、そのため警察も積極的には動けないのです。
くれぐれも悪徳業者にはご注意ください。

Comments are closed.