バイク買取の注意点

査定額の違い

バイク買取の注意点としていろいろな店を比較するべきだと思います。
先日15年近く乗っていた50CCの原付を買取していただいた時の体験談です。
まず50CCの方の古いバイクの買い取りは買取ではなく大体のところがリサイクル費用や修理費などで売るどころか売り手に負担が出てしまうところが多いということ。

私もこれにだいぶ悩みました。
大事なバイクを手放すのだから少しでもお金になれば思い色々検討しました。
友人のお店に聞いてみたり、廃品回収を検討したり・・・ただ買い取ってくれるお店はなく。
無料での引き取りが主で結局手放そうと決めてから半年以上がなんだかんだで過ぎてしまい、年度末の税金の更新の時期が間もなく迫ってきてしまい、先に廃車手続きをしなければいけない状況になってしまいました。

新年度に入りいよいよインターネット等で買い取り手を探していた時に地元のバイク屋さんが50CCの買い取りに力を入れているというところがあり電話で問い合わせてみることにしました。
その時には、実際のバイクを見ないと値段がつかないということだったので、その後数日間の間に大手のバイク王や中古買取専門店なども検討し実際見積もり無料だったので家まで来てもらい査定してもらいました。

中古買取専門店の何社かは同じ値段の¥100-バイク王は引き取り手数料として実際の金額は、伝えてくれませんでしたが費用が若干かかるとのこと。
どの会社も共通して言えるのは、バイクの型が古いし乗車距離が長すぎてエンジンが老朽しているため。

タイヤに関しても穴を補強している箇所が何か所もありその後の利用するための修理費用があるため大体の業者が無料引き取りとのことでした。
家の近くのバイク店に電話をしてからいろいろなところに伺っていたため実際はあまりお金になることはないのだろうとダメもとで自分でお店までバイクを運び、査定してもらうことにしました。

空気圧やエンジンのかかり具合など1~2分の査定の結果¥3000-もの値段をつけてもらうことが出来ました。
値段を聞いてから、このバイクにそんな値段がつくとは思わなかったこと店員の方に伝えると、ほかのところでは値段はつかないと思います。
っと一言。
ただ大事に乗っていたバイクが納得いく値段での買取となり心残りなく手放すことが出来ました。
結局私の場合は、慎重になりなり過ぎて大手や友人などを中心に買い取り手を探しておりましたが、地元のバイク屋さんや口コミ情報などいろいろな角度から検討し納得のいく売買が重要だと思います。

蓋を開けてみれば一番近いバイク屋さんが一番なっとっくいく結果となりましたが、そこにたどり着くまでには、いろいろなお店と比較をし十分な検討を行って納得いくまで悩むということ。
税金などの手続きがあるので、先に済ませられることは済ませ落ち着いて探すことが良いと思います。
今回お世話になったモトファクトリーバン(株式会社BAN STYLE)さんありがとうございました。

Comments are closed.