ローンが残っている時のバイク売却

バイクの所有者

通常のバイク売却の査定手続きについては前項で記したとおりですが、バイクのローンの支払が残っている場合には、話は単純ではありません。
ローンの残っているバイクはそのままでは売却することが出来ないので注意が必要です。
バイクを購入した時にクレジット会社を利用してローンを組んだ場合、そのままではバイクの売却は出来ません。
なぜなら、ローンの支払が残っている間はバイクの所有者は購入者ではなく、信販会社や信販会社と契約している販売会社となっているからです。

試しに、信販会社のローンを組んでバイクを購入した方は、車検証や登録証の所有者の欄をご覧になってみてください。
すると、そこには購入者であるあなたの名前ではなく、信販会社や販売会社の名前が書かれていることが分かると思います。これは「所有権留保」と呼ばれます。
信販会社は全額の支払いが終わるまでバイクを担保として扱い、もし支払いが滞ってしまった時には勝手に処分してしまおうとしているわけです。

バイクは所有者以外の人間が勝手に売却したり、廃車にすることは出来ません。
ですから、信販会社は所有権を自分の手に握っていて、自由に売買できるようにしているのです。
ですから、どうしてもバイクを売却したいのならば、所有権解除の手続きをして所有者を信販会社から購入者本人に移しておく必要があります。

この所有権解除にはいくつかの方法があります。まず、一番簡単なのは残っているローンを一括で返済してしまうことです。返済が終了すれば「所有権解除のお知らせ」という書類が届くので、その内容に従って申請すれば所有権解除ができます。
この方法が一番簡単で理想的なのですが、もちろん金銭的な問題をクリアしなければなりません。

金銭的な余裕がなくて一括返済が無理だという場合には、ローンの借り換えを行うという方法があります。
実はローンといっても信販会社のローンを組んだ場合には所有権留保の手続きが取られますが、銀行などの金融機関で組んだローンの場合には所有権留保の手続きは取られず、ローンの返済期間でも所有者は購入者本人となっています。

これならば自分で勝手に売却しても何の問題もありません。
もしもローンの組み換えを希望するならば信販会社に相談してみると良いと思います。
場合によっては対応してくれるでしょう。また、バイク買取業者の中にはローンの借り換えに対応しているところもありますし、ローンの精算(買取価格がローン残高よりも大きい場合、買取価格からローン残高を差し引ひくこと)も含めて査定してくれる業者もあります。

それから、信販会社でローンを組んでバイクを購入した場合、支払いが済んでいるにもかかわらず、バイクの所有権移転手続きをしていないという場合が多くあります。
支払いが済んだ時点で所有権解除のお知らせが届いているはずですし、もし手元になければ再発行して手続きを済ませておきましょう。
そうすればバイクを自由に売却することができます。

Comments are closed.