キャブ

オーバーホールで細かくメンテ

バイクに長く乗るためには、キャブレターのオーバーホールが必要であるとされています。
オーバーホールとは、分解整備のことで、最終単位の部品までバラバラにして、清掃、交換をして、また組み立てをし直します。
キャブレターの内部には小さな通路が多くあり、非常に詰まりやすくなっていますので、特に注意をする必要しなければなりません。

自分でオーバーホールを行う際には、細心の注意が必要になってきます。
はじめてキャブレターのオーバーホールを行う際には、分解前に写真を撮ることがオススメです。
素人がオーバーホールをする場合、組み立てる部品の取付場所が分からなくなることも少なくありません。

そんなときに分解前の写真があると、組立時の参考にすることができるので、非常に便利です。
組み立て場所や作業自体に不安を抱えた時には、迷わず整備工場などプロにお願いするというのも手です。
自分ですべて行いたいという気持ちもわかりますが、かえってバイクにダメージをあたえる結果になっては元も子もありませんからね。

道具の選び方

バイクをメンテナンスするためには、いろいろな道具が必要となります。
道具選びは何でも良いというわけではなく、バイクを快適に長く乗るためには重要なことのひとつとなっています。

値段だけにとらわれて安い道具を選んでしまうと、バイクを痛めてしまうこともあるのです。
そのため、多少値段が高くても良い道具を選ぶことが大切です。
また、良い道具は長く使用できるので結果的にお得になることも少なくありません。
値段も手ごろでおすすめなのはKTC 他にもおすすめメーカーの道具はたくさんありますので、バイクメンテナンスに詳しい知人などから情報を得ると良いかもしれませんね。

ケミカル品の選び方

素人はケミカル品をケチりがちです。
しかし、プロの整備士のほとんどはケミカル品にお金をかけているのです。
高額な大事なバイクを状態良く長く乗りたければ、ケミカル品にはお金をかけるようにしましょう。

おすすめのケミカル品はホームセンターやバイク専門店で尋ねると良いでしょう。
クリーナーは、ゴム製品にはかけないように注意することも忘れずに。

こんな時にはすぐにメンテナンス

キャブレターからガソリンが漏れてきた場合は、すぐにキャブレターのメンテナンスをしましょう。
その他にも、普段と違う気になることが起きた場合はメンテナンスが必要という合図である可能性が高いです。

エンジンの状態が悪いと思ったらメンテナンスの準備をするようにし、信号待ちでのエンストはメンテナンスのサインであると気付きましょう。
エンジンの吹けが悪いとか、加速中の息つきも、注意が必要ですよ。

Comments are closed.