エンジン

エンジンオイルを交換

エンジンオイルはバイクの血液とも言われています。
そのため、エンジンオイルが汚れている状態でそのまま走行を続けると、エンジンなど様々な部位に影響を与えかねません。
したがって、エンジンオイルは定期的に交換していく必要があるのです。

エンジンオイルの交換は、汚れたオイルを抜き取り、新しいオイルに取り換えるだけという簡単な作業です。
面倒に思われる方もいるかもしれませんが、バイクを長く安心して使い続けるためにも、走行距離を見て定期的にオイル交換をするようにしましょう。

エンジンオイルだけではなくオイル交換の2回に1度はオイルフィルターの交換も忘れないようにしましょう。
オイルフィルターが汚れたままであると、せっかくエンジンオイルを綺麗にしても、その効果が存分に発揮されません。
面倒がらずに、オイルフィルターにも気を配るようにしましょう。
また、長く放置しておいたバイクや走行距離の多いバイクは、オイルストレーナーの汚れも落とすようにすると、より安心して使用することができますよ。

ストットルワイヤーもメンテナンス

スロットルワイヤーの動きは、必ず乗っているうちに渋くなってきます。
バイクを良い状態に維持するためには、スロットルワイヤーの動きが非常に大切です。
ストットルワイヤーがスムーズに動かないと、キャブレターの同調が崩れることもあるので、安全に乗り続けるためにもチェックしておかなくてはならないポイントです。

ストットルワイヤーのスムーズな動きを維持するには、定期的な給油が必要であるとされています。
ストットルワイヤーの給油は、正しい手順で行うようにしましょう。
自信がなければ、専門店などでお願いするのも安心ですね。

キャブレターを綺麗に

走行距離が多いバイクのキャブレターのパーツは、思っている以上に摩耗しているものです。
そのため、摩耗によってバイクのコンディションが悪くなってきてしまうことも少なくありません。 

キャブレターのメンテナンスは、掃除からはじめるようにしましょう。
キャブレターの掃除は予想以上に大変な作業です。
完璧な洗浄をしたい場合は、パーツを全て分解する必要が出てきます。
軽度な汚れは部分ごとのパーツを取り外すだけでも対応可能なので、時間が無いときや、分解に自信が無い方は、こういった方法をとるようにすると安心ですね。

冷却液を交換する

エンジンの冷却を行う冷却液は、定期的な交換が必要とされています。
汚れたままではラジエターコアを詰まらせ、放熱効果を低下させてしまう危険性もあるのです。

冷却液を交換する時には注意しなければいけないポイントがあります。
古い冷却水を抜いたら、経路内はキレイに洗浄するようにしましょう。
真水だけを冷却液に使用しないようにします。
冷却液の交換後にはエア抜きを忘れないようにしましょう。

Comments are closed.