外装系

時間がある時に乾拭きを

バイクを錆びつかせないためのポイントとして、時間がある時にはこまめに乾拭きをすることをオススメします。
乾拭きする時には、最初に水で埃などの汚れをきれいに流し、エアで水を飛ばしてから行うようにすると綺麗に仕上げることができます。
最もおすすめなのは、バイクに乗る前の乾拭きです。
乗る前には綺麗にしておきたいというのが心情ですから、このタイミングで乾拭きをする習慣をつけておくと良いでしょう。

乗らなくてもバイクは痛むので、洗車と注油ワックス掛けは頻繁に行うようにしましょう。
また、エンジンやマフラーも材質にもよりますが、定期的に乾拭きをするようにすると良いですね。

シート部分の染め直し・打ち直し

長年バイクを乗っていると、日焼けなどでどうしてもシートは劣化してしまいます。
そんなときは、シート部分を染め直し・打ち直しすれば新車の時の美しさを取り戻すことができます。

シートの表面が破れたりしていなければ、オーナー自らでもシートの染め直しをすることができるようになっています。
今では、シート染めも市販されているので、手軽に染め直しをすることができます。
シートに大きな損傷がなければ、くすんだシートでも新品のような輝きを取り戻すので、長く綺麗に乗りたいという場合は、こうしたシート部分のメンテナンスにも気を配ってみましょう。

タンク部分も塗装してみよう

タンク部分の塗装には耐ガソリン性の塗料を使うことが大切です。
ラッカースプレーなどで仕上げると、ガソリンが漏れて大事故の恐れもありますから、絶対に避けるようにしましょう。
耐ガソリン性の缶スプレーを使うと、自分で行っても満足できるタンク塗装をすることができます。

タンクを塗装する時には、旧塗装の取り去りが重要となります。
これをしっかりと行わなければ、後の塗装作業に影響を及ぼしますから、面倒でも丁寧に行いましょう。
タンク塗装を行うには多くの工程が必要になり、テクニックも必要であるとされています。

色にむらができないように慎重さも必要になりますから、時間が充分にとれるときに挑戦することをおすすめします。
また、不器用な方はプロの業者に依頼すると安心ですね。

こだわりたい人はお店で

バイクの外装は、器用な方であれば自分で行うことも可能となっています。
しかし素人が塗装を行うとすぐにばれてしまうことも少なくありません。
そのため、完璧な外装がしたいのであれば、専門店に任せるのがおすすめです。

より外装にこだわりたい方は、市販のステッカーやカバーなどを利用することもおすすめです。
こういったものであれば、塗装に比べて比較的手軽に外装チェンジをすることができるので、初心者の方でも安心です。
今ではインターネットで調べると、それらを市販している専門店を簡単に探すことも可能ですし、オリジナルのものを作ることもできますよ。

Comments are closed.