駆動系

チェーンをメンテナンス

汚れていないように見えても、意外に汚れているのがドライブチェーンです。
チェーンは定期的なメンテナンスが必要であるとされており、メンテナンスを怠ると他のパーツにまで悪影響を与える可能性が出てきます。
そのため、バイクを安心安全に乗り続けるためにはチェーンのメンテナンスを欠かさないようにすることが大切です。

チェーンのメンテナンスには給油が必要です。
また、チェーンは消耗品のため交換が必要な場合も出てきます。
チェーンが硬直してしまった場合、ピンが回転している場合、シールチェーンのシールの脱落・折損箇所がある場合などは交換が必要になるので、迷わず交換作業を行いましょう。

スプロケットの交換

スプロケットの歯や溝などが磨耗すると、フリクションロス原因になるので、交換が必要であるとされています。
スプロケットを交換する際には、チェーンも一緒に交換するのがおすすめとされています。
そのため、スプロケットとチェーンは、一緒にメンテナンスを行うと作業を同時に済ますことができるので手間がかかりませんよ。

チェーンとスプロケット新品に交換して、チェーングリスを注油すればその効果を非常に体感できるようになります。
交換するとバイクの押し歩きが軽くなり、動きがスムーズになることがわかります。
こうしたことからも、チェーンとスプロケットのメンテナンスは非常に重要であるということを体感することができます。
これらのメンテナンスが自分でできない場合は、迷わずプロに任せるようにすると安心ですよ。

Vベルトの交換

Vベルトが切れてしまうと走行不能になってしまいます。
走行中に切れたりすると大変なので、特に注意して定期的にチェックしておく必要があるとされています。
Vベルトの交換は2万キロが目安であるとされています。
Vベルトの交換には工具も必要ですが、多少のコツも必要になってきます。

ベルトに切り傷など目立った損傷があると、ベルト切れの原因になるとされています。
そのためそういった兆候が確認できたら、早めに交換するようにしましょう。
Vベルトの交換時には、ドライブピースも同時に交換するのがおすすめです。
Vベルトの交換は素人では難しいポイントが多いので、少しでも不安がある場合は必ずプロに依頼するようにしましょう。

ウエイトローラーを調整

ウエイトローラーは、バイクのエンジンの駆動側に付いているプーリーの部品です。
これを交換して重さを調節することで、変速の特性が変化し加速重視か速度の伸びを重視するかを調節することができます。

変速を行うエンジン回転数を決定しているのが、ウエイトローラーです。
ウエイトローラーは重すぎても軽すぎても最高速は落ちてしまうため、絶妙な調整が必要となってくるのです。

Comments are closed.