クラシカルな雰囲気を漂わせた「カワサキ Z900RS」の魅力

カワサキZ900RSは発売当初から人気が高い

なんといってもクラシカルな雰囲気を踏襲しているところが、カワサキZ900RSの大きな特徴でしょう。

これは、カワサキZ900RSだけでなく、カワサキバイクに良く見られる特徴でもあるのですが、ワイドなデザインを重視しているため、ライトでさえも大きく、フレームについても骨太という設計になっています。
バイクのイメージを根底から覆すことに成功したため、カワサキZ900RSは、販売当初から多くのファンを獲得することに成功しました。

現代らしくクラフトマンシップを融合させている一面があり、そのため、エキゾーストサウンドに関しては、カワサキらしさが全面的に出ているとして、骨太なイメージをさらに高めることに成功したのです。
デザインそのものは全体的にシンプルなため、不要なオプションが付いていない、走りのみを楽しませてくれる良さが、硬派なカワサキバイクらしいということで、今でも人気を得続けているバイクとなりました。

優等生的な魅力が多いバイク

現代のバイクに多く見られる魅力なのですが、昔と比較して操作性が格段に進化しています。

例えば、低中速回転域であってもトルクが重視されているため、パワー不足を感じさせないスペックとなっているのです。
カワサキZ900RSもこのような性能を誇っているので、熟練のバイカーでなければ乗れないという問題点をクリアしています。

他にも魅力的なところが多く、レーシングバイクに良く見られるアルミダイキャスト製の作りになっています。
つまり、カワサキZ900RSはスタイルが良いだけでなく、乗り心地も高い次元で計算されているため、多くの人がレーシングを体験できる、そんな1台に仕上がっているのです。

レーシングスピリットが宿っているバイク

Zシリーズの魂を受け継いでいるバイクとして、カワサキZ900RSは評価されることが多いです。

特徴として、Zシリーズのデザインが活かされていること、これはフレームであったり、グリップ、シートなどの作りが、昔のデザインに酷似していることもあり、このような評価を得ています。
他にも、先進的なデザイン、システムが搭載されていて、レースでそのまま使用できるようなハイスペックモデルとして扱われているのです。

近年ではこのようなバイクが減ってきているため、カワサキZ900RSの注目度が上がっています。
また、丸みを帯びているシートカウル、タンクを搭載することで、無骨すぎて敬遠してしまう人を少なくしています。
スタイリングをさらに良くするために、ヘッドパイプ、シートパイプの角度についても計算されたデザインになっているのです。

カワサキZ900RSは、スポーツバイクが相手であっても、互角の勝負になるスペックを誇っており、このような特集が良く組まれているほど、レース方面でも注目株の1台となっています。

« Previous Entries Next Entries »