バイクを高く売るコツ・・・車種による違い

車種相場

バイク売却の際の査定金額は、基本的に需要と供給の関係の下に決められるということは、これまでも何度も説明してきました。
これはもちろん車種という観点からも適用されます。
私たちがバイクを高く買い取って貰えるか、それとも安く買い取られてしまうかは、車種の人気に大きく左右されるのです。
これは、バイクだけでなく、クルマでも、ゲームソフトでも、その他の家電製品でも同じことです。高くても買ってくれる人がいるから、買取価格も高くなるわけです。

では、どんな車種が人気があって、高額で買い取ってもらえるのでしょうか?
バイクには50ccのスクーターもあれば1000ccを優に超える大型バイクもあります。
それぞれの大きさ大きさによって必要とされる機能も違いますし、求められるデザインも違ってきます。
たとえば、50ccから125ccの小型バイクの場合、そこに求められていることは短距離移動における小回りの良さ、価格の手軽さ、燃費の良さなどだと思います。

スクーターの場合は新品でも価格が20万円前後、スズキのトゥデイなどは10万円ちょっとで購入することが出来ますし、整備も簡単ですから、買取価格がそれほど大きく変化することはありません。
スクーターの場合はカスタムパーツを取り付けるような人もあまりいないでしょうから、単純に人気のある車種や比較的発売時期の新しい車種の買取価格が高くなる傾向にあると思われます。
小型バイクでもスクーター以外の物(ギア付きバイク)に関しては車種による買取価格にかなりに差が出てきます。
たとえば、人気のあるホンダのNSR50の4型は平均買取価格が16万円前後、状態が良いものであれば30万円近い値段で買取してもらえます。

また、改造車で有名なモンキーなどに関しても、カスタムコンプリートされているものでキレイなものであれば高値がつく可能性も大きいでしょう。
その他の小型バイクについては流行次第と言ったところが大きく、大型のバイクなどに比べると、カタログスペックなどよりも単純に人気やデザインなどが買取価格に大きな影響をあたえることが多いようです。
125ccから400cc以下のいわゆる中型バイクと言われる分野でも、基本的には人気車は高く、不人気車は安い傾向にあります。
そのなかでも特に人気の車種を挙げるとすれば、Kawasakiのゼファー、ホンダのCB400SFやRVF、NSR、YAMAHAのXJR400Rなどでしょうか。
比較的若い世代に人気のあるバイクというのは、市場でも人気がある傾向が強いようです。

ただし、この車種に当てはまるからと言って、すべてが高値で買取してもらえるわけではありません。
やはり、年式の新しいもののほうがカタネで買い取ってもらいやすいことは事実です。
例えば、ゼファーについて見てみると、発売時期によって1型、2型、3型があります。

一番古いのが1型で、その後メーカーのマイナーチェンジに合わせて型式が2型、3型と変更されていきます。
この場合、一番古い1型は当然買取価格が安くなり、3型が一番高く売買されます。
これが400ccを越えるような大型のバイクになってくると話は変わってきます。
というのも大型バイクの場合、ユーザーが固定されており、単に新しさだけを求めるのではなく、ハーレー・ダビッドソンといったブランドで買取価格が上がってきます。

Comments are closed.