バイクを高く売るコツ・・・バイク売却の前には洗車を

少しでも高く売る

バイクの買取査定をお願いする前には、必ず洗車をしてバイクをキレイな状態にしておきましょう。
これは非常に単純なことですが、バイク売却の際に買取価格が高くなりやすいからです。
自分が買う立場に立てばすぐにわかりますよね。
汚れているよりもピカピカのほうが印象が良いのは当然のことでしょう。

さて、洗車についてですが、バイクを洗車する上で(自動車も同じですが)一番重要なのは、炎天下の日に直射日光の当たる場所で洗車をしないということです。
水道水には塩素(カルキ)やその他の不純物が含まれています。
洗車をしようと水道水を直射日光で高温になったバイクのボディにかけてしまうと、水分が急激に蒸発して塩素などの残留成分がその部分に残り、シミや水垢の原因となります。
ですから、洗車をするときは曇りの日を選んだり、夕方涼しくなってからの時間帯にしたり、直射日光の当たらない日陰を選んで行うようにしましょう。

洗車グッズに関してですが、これは特別なものを揃える必要はありません。
洗剤は家庭用の中性洗剤で十分ですし、スポンジもキッチン用のものでも構いません。
ただ、スチールウールがあると便利かもしれません。
あと拭き取り用のクロスですが、オススメはカー用品店などで売られているマイクロファイバーのクロスがオススメです。
水分の吸水性に優れていますし、表面が非常に滑らかですから、車体を傷付けません。

洗車の手順ですが、まずは水をかけてボディに付着しているゴミやホコリ等の汚れをしっかりと落としてあげることです。
洗剤を使う前に水だけである程度の汚れを落としてしまうことが大切です。
この時、家に高圧洗浄機などがあればそういったものを利用するのがオススメですし、コイン洗車場を利用するのもよいでしょう。
ある程度の大きさの汚れを落としたら、洗剤を混ぜた水をかけて汚れを浮かせて落としやすくして、スポンジで擦ってキレイにします。

この時、最初の水洗いが不十分でゴミが付着していると、スポンジで擦った場所に洗車キズがついてしまう可能性があります。
上でも書きましたが、洗車キズが作らないためにも、勢いの強い水でしっかりと汚れを落としてしまうことが重要になるのです。
それから、これは基本的なことですが、洗車は上から下へ洗っていきましょう。
下から洗うと二度手間になります。
ホイールやチェーンなどにこびりついた汚れはスチールウールなどでしっかりと落としましょう。
汚れが落ちたらしっかりと水で洗い流しましょう。
これが不十分だと、洗剤が残ってしみになってしまったり、最悪の場合は塗装面を傷める原因となります。

流し忘れのないようにしっかりと洗い流しましょう。
そのあとは水分をしっかりと拭き取ります。
この時、マイクロファイバークロスを使うと水分の吸収が良いですし、非常に柔らかい素材なので磨きキズができません。
ここでも拭き残しがあると汚れやサビの原因となるので注意が必要です。
最後にワックスをかけて終了です。
これだけでも、相手に与える印象は非常に良い物になると思います。

Comments are closed.