バイクを高く売るコツ・・・故障車や改造車の場合

修理費に関して

故障したり事故を起こしたりして動かないバイクや、改造してあるカスタムバイクを売却しようと思った時、なるべく高く売るにはどうしたら良いのでしょうか?
まず、故障車や不動車が手元にあってそれを売却しようと思った場合、そもそもそのバイクを売却することができるのかという疑問があると思います。
しかし、答えから言うと、買い取ってもらえます。この時気をつけることは、故障を修理したりせずに現状のままで査定を受けることです。

なぜなら、修理することでアップする査定額よりも修理費の方が高くなる事のほうが圧倒的に多いからです。
大手の買取専門業者では大量のバイクの在庫を抱えています。
その中には部品取りを目的として買い取ったバイクもあります。
そして、故障車を買い取ると、それらの在庫の中から同車種のバイクに部品を持ってきたりして修理や整備を行います。

ですから、修理費が非常に安く済むのです。
バイク売却を考えるときには手間やお金をかけて修理するよりも、そのまま売却したほうがトータル的に得をする場合がほとんだということを覚えておきましょう。

最後に、自己車を売却するときの注意ですが、事故歴を隠すことなく正直に話しましょう。
買取査定を行うスタッフはその道のプロです。
嘘をついても、ちょっと見れば簡単に見破られてしまいます。
そういった場合、他にも隠していることがあるのではないかと疑われて、買取価格が上がりにくいということがあります。
逆に正直に話すことで、買取スタッフも親身になって相談に乗ってくれて、お互い気分良く交渉できるので結果として少し買取価格がアップするということもあるようです。

では、改造された、いわゆるカスタムバイクの場合はどうでしょうか。
基本的にはノーマルな状態のバイクのほうが高く売れる傾向にありますが、中にはカスタムされている方が高く売れることもあります。
カスタムバイクのほうが高く売れる場合は、そのカスタムが非常に人気のあるものである場合や、カスタムすることによって車の性能がアップする場合などがあります。
また、ハーレー・ダビッドソンなどはカスタムありき的なところもあるので、そういった場合はそのまま査定を受けてみましょう。

査定は無料なのでもし評価が低くなったらノーマルに戻して売却すれば良いのです。
しかし、カスタムパーツが非常に個人的な趣向の強いものだったりすると、やはり査定はマイナスになってしまうことが多いようです。
また、カスタムすることでマイナスの作用のあるもの(騒音が大きくなるものなど)はあまり好まれません。

カスタムバイクは個人的な好みの出るものなので、高く売れるのは万人受けするものでないといけません。
あまりに特殊なカスタムパーツを取り付けている場合には、ノーマルパーツに戻して売却したほうが良いでしょう。
そのためにも、カスタムするときにはノーマルパーツを取っておきましょう。
純正部品を持っておいて損をすることはありません。

Comments are closed.