バイクを高く売るコツ

バイクの状態

高く売れるバイクと言うのはズバリ良いバイクです。
新車同様の値段がつくほど新しいバイクだったり、走行距離が少なかったり、キズひとつなくピカピカだったり、時なく良いバイクが高く売れます。
例外的にはプレミアのついたバイクも高く売れますが、購入時も高価なので高く売るコツはないでしょう。
自分の愛車を売るときには少しでも高値で買いとって貰いたいと考えます。
でも、もちろん新車じゃないし長年乗ってたから走行距離も走っていて、結構キズだらけなんだけども、できるだけ高く査定してもらう方法はあります。

それは、洗車とメンテナンスです。
普段乗りっぱなしで何もしていない方は絶対に査定に出す前に洗車とメンテナンスをしましょう。
もちろん、普段からマメに洗車してキッチリとメンテナンスしている方は問題ありません。
しかし、念入りに洗車とメンテナンスすることによって査定額はプラスに成るでしょう。
ポイントは隅々まで行き届いたお手入れです。
大前提としてタンクやカウル、フェンダーやミラー、メーターなど各部の拭き掃除は必須です。
これだけ濡れ雑巾で拭き掃除するだけでパッと見た感じとてもきれいなバイクに見えます。

次にメインキーやタンクキャップの回りのキーの引っかき傷です。
濡れ雑巾で丁寧に拭いてもいいですが少量のコンパウンドを使ってキレイに仕上げるとより良いです。
シートやサイドカバーなどの簡単に外せるパーツは外して丁寧に拭き掃除するとより綺麗になります。
足回りはブレーキのカスなどで汚れやすいので念入りにお掃除します。
薄めの中性洗剤で黒く固まった汚れをしっかり落として下さい。
スポークやリムなどタイヤ周りは泥や砂利がはねていたりするのでキズに注意して拭き掃除します。
この時足回りを綺麗にする雑巾と、タンクやカウルを拭く雑巾は別にしましょう。
砂や砂利のついた雑巾でタンクやカウルを拭くと傷つけてしますので要注意です。

忘れがちなのはエンジン周りの掃除です。
作業の前にエンジンがしっかり冷えていることを確認してから作業しましょう。
エンジンはオイルが漏れていたり汚れがこびりついて、エンジンの熱で焼けたり泥はねした汚れが焼き付いたりと、結構酷いことになっています。

査定の時にココをチェックすれば綺麗に乗っていた車両かどうかの判断の目安にもなると言われているので念入りに掃除することをおススメします。
あとは各部のメンテナスです。
チェーンの伸びは適切か、各部ワイヤーやブレーキのアソビの調整など、日常的なメンテナンスをしっかりするだけで査定は良くなります。
愛車を少しでも高く買ってもらうために、念入りに綺麗にしましょう。

Comments are closed.