バイクの買取と下取り

バイクの買い替えに

HIRA86_bikespeedm500以前はバイクを買い換えるときは、これまで乗っていたバイクを廃車にして、新しいバイクを購入するという方法が一般的でしたが、最近ではバイクの買取業者がたくさん存在し、これまで乗っていたバイクを売却して、新しいバイクの購入資金に充てるということが常識的になってきています。

さて、私たちがバイク売却を考えるとき、その方法には多く分けて「買取」と「下取り」の二つの方法があると思います。
この二つの方法を非常に簡単に説明するのならば、買取はバイクの買い替えの意思に関係なく所持していたバイクを現金化するもので、下取りは新しいバイクへの買い替えを前提としたバイクの現金化(実際には直接新車の購入代金に組み込まれる事が多いですが・・・)ということになるでしょう。
買取と下取りのどちらの方法を選ぶかは人それぞれ自由ですが、どちらにもメリット・デメリットがあるということをしっかりと確認しておくことが大切になります。

バイク買取業者

まず、バイクを買取してもらうことのメリットですが、まず、買取先を自由に選べるということがあります。
下取りの場合は新車を購入するショップに買い取ってもらうことになりますが、買取の場合はその売却先はどこでも構いません。いまはバイクの買取業者がたくさんあります。
バイク王ゲオバイク、などなど、少し考えるだけでもいろいろな買取業者が頭に浮かんでくると思います。
そういった業者の中から自分の好きな業者を選ぶことができるわけです。

業者選びの基準はいろいろあるでしょう。
とにかく少しでも高く買い取ってくれる所が良いという人もいるでしょうし、トラブルを避けるために現金買取してくれる所が良いという人もいるでしょう。
また、無料の出張査定をしている所が便利で良いという人もいるでしょう。
とにかく、買取ならば、自分の条件にあった業者を選ぶことができるのがメリットの一つです。
ちなみに私の好みはバイクワンです。実際に利用した際のサポート体制が良かったですね。
参考URL:バイクワン

業者による違い

それはさておき、業者を選べるということは買取価格を選べるということも意味します。
下取りの場合、買取査定額が分かりにくく、また、他社との競争がないため、どうしても買取価格が低くなりがちです。
しかし、買取業者の場合は業者の数が飽和気味で非常に競争が激しく、相手業者よりも1円でも高い買取価格を出そうと努力しています。
また、業者によってストロングポイントとウィークポイントがあり、「このメーカーだと、あの業者の買取価格が高め」だとか、「大型のバイクは、こっちのメーカーの買取価格が高い」だとかいうように、業者によって特色があるので、自分の売却するバイクに合わせて買取業者を選択することが出来ます。

さらに、買取の場合は売りたい時に売れるというのも大きなメリットでしょう。
下取りの場合、新しいバイクへの買い替えが条件になりますから、新車の購入時が売却時期となりますが、買取ならばバイクをいつ現金化しようが自由です。
また、バイクの売却によって得た現金は何に使おうと自由ですから、借金の返済時期が迫っているときなどはバイクを売却することで借金を返済するといった使い方もできるわけです。

一方下取りにもメリットはあります。
それは何よりも手続きが簡略化できるということ。
買取と新車購入が同じ場所で行われますから、二度手間になることがありませんし、スムーズに買い替えを行うことが出来ます。