スーパースポーツの元祖「スズキ GSX-R750」の魅力

スポーツバイクの元祖として有名なスズキGSX-R750

1985年に初代が販売されるようになってから、今もなお愛され続けているバイクとして有名なのがGSX-R750です。

このような評価を得ている理由は、スズキGSX-R750がスーパースポーツの元祖だからでしょう。
スズキGSX-R750は、国内4ストロークロードレースのTT-F1クラスにおいても高い実績を誇り、その実績の中には3年連続で王座を手中に収めるといった、前人未到の偉業さえも存在します。

スズキGSX-R750はこのような偉業にあぐらをかくこともなく、海外のメジャーレースでも実績を残すべく参戦しています。
そのため、単なるスポーツバイクではなく、本格的なレースでも通用した珠玉の逸品としての評価を得ているのです。

2000年代に突入してからは、スーパーバイク世界選手権のレギュレーションが変更となったため、排気量が750ccではなく1000ccに変更となりました。

スポーツバイクとしての魅力が多い

スズキGSX-R750は、何度も進化熟成を繰り返してきた歴史があるため、魅力の多いスポーツバイクとしても有名です。

2011年にフルモデルチェンジが行われており、その際に、最高出力150HP、回転数は13200rpmというスペックを得るようになりました。
これにより、従来のバイクでは真似できない領域に統一したため、ハイスペックなバイクというと、スズキGSX-R750というほどの人気を得たのです。

その他の変更点では、エンジン搭載位置の変更として、ドライブシャフトを中心に3度後方に回転させ、これによりホイールベースが15mmも短縮されました。
小さな変更を何度も繰り返してきたのですが、これらのすべてはレースで勝つための熟成となっているため、多くのレースファンを魅了し続けたのは確かです。

他よりも優れた軽量化が実施されている

他のバイクとの大きな違いとして、スズキGSX-R750は軽量化が優れているという特徴があります。

2マップの出力特性を誇るS-DMSを搭載しているため、軽いだけでなく、スポーツ性能も乗り手で自由に選べるようになっていますし、ハイパフォーマンスも追求されています。
他にも、電子制御式ステアリングダンパーを搭載しているため、高速走行時に不安定になるバイクの弱みが改善されました。

その他の特徴として、スズキGSX-R750はレースで得た情報がフィードバックされています。
倒立式ビッグピストンフロントフォークを採用するなど、コーナリング性能の充実も図られているのです。

このような優れた改良を行っているため、スポーツバイクとして楽しめる一面もあるという評価を得られるようになっていきました。

« Previous Entries Next Entries »